• 2018_09
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>
  • 2018_11

趣味の自転車のあれこれ

ヤング自転車競技的小載録


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. [ edit ]
  2. スポンサー広告

2018年シーズン

全日本TTが終わり、今シーズンのレースは終了。
今はやりきったという開放感・達成感(何か達成したわけではないが)が強い。
8月の終わりまで繁忙期のため、オフシーズンとなる。
誰が言ったかホビーレーサーにオフシーズンはないというようにトレーニング継続という道もあるだろうが、残念ながらその根性はない。
俺にはオフシーズンがある。同業者はどんなんだろうか?
9月頃までは乗れるときに乗りたかったら乗るというスタンス。
恐らくトレーニング的な苦しいことはやらないと思う。
今シーズンは確か12月のCOW主催妙義ヒルクライムの1週間くらい前からボチボチ乗り始めたんだっけ。
年明けくらいから本格的にトレーニングをはじめて6月の全日本まで、約6ヶ月間自転車に没頭していた。
そんなわけで、簡単にリザルトを振り返ってみる。

チャレンジロード 男子エリート 8位
日光白根ヒルクライム 優勝
茂庭っ湖ラインタイムトライアル 優勝
加須こいのぼり杯 2位
榛名山ヒルクライムin高崎 1日目TT 2位
榛名山ヒルクライムin高崎 2日目HC 優勝
Mt.富士ヒルクライム 2位
全日本選手権タイムトライアル 男子エリート 12位

全体的にみるとかなり良いシーズン。
やっぱりハイライト的にはハルヒルを勝ったことかな。
TTは勝てるかも、ヒルクライムは勝てないだろうと思っていたが、実際は逆だった。
来年はTTは勝ちたい。ヒルクラは知らん。
レースのインパクトとしては全日本TTが圧倒的。
大会の人数は多くはないが、緊張感のあるガチンコの戦いだった。
今シーズンは全日本を目標にやってきたけど全日本TTを経験して、
良い結果を出したいという気持ちがより強くなった。
ということで、来年もほぼ同じレースにでる予定。(チャレンジロードと茂庭っ湖TTはたぶんでない)



さて、TTが速くなるにはどうすればいいか。
サイクリストの記事によると今回のチャンピオンの窪木選手は2015年の50分出力が325wで今回はその10%以上出力向上したと書いてある。
ということは360wくらいか、、、とんでもねぇ笑(3分以上離された自分は286w)
自分より1個上の順位の山本元喜選手は315wとブログにあった。(自分より22秒早い)

機材・ポジションは置いとくとしても、パワー不足感が否めない。

シクロワイアードの記事によると窪木選手は前年から体重を6kg増やしたと書いてある。
wikiによると身長173cmで体重68kgらしいので、70kg以上かな。

自分は171cm55kgほどでなので今回の全日本TTでは恐らく最軽量の部類。
ここにヒントがあるような気がしている。
簡単に言うとマッチョになってモアパワーだ。
まだざっくりとしたイメージしかないが、来シーズンは筋肉量を増やしてパワーアップというコンセプトでトレーニングを組み立てて行こうと思う。
機材面としてはTTヘルメットとフロントホイールが必要。
TTヘルメットは来年で良いとして、フロントホイール(発注済み)はいつ届くんだろうか、、
TTヘルメットは軽いものが欲しい。GIROのAEROHEADも良いんだけどちょっと重い。400g以上のは使いたくない。
ので、ボントレガーのアイオロスかKASKのやつか。アイオロスがモデルチェンジして、さらに軽かったら即買いなんだけど。

秋か冬に弱体化して現れると思うので、よろしくお願いします。
スポンサーサイト
  1. [ edit ]
  2. その他
  3. / trackback:0
  4. / comment:0

2018年全日本選手権タイムトライアル男子エリート12位

コース:39.3km(13.1km×3周)
天気:晴れ 路面ドライ
風:微風
結果:12位 53:32.59
体重:55.6kg (当日朝)


第2ウェーブ13:38出走なので、時間に余裕があるため、
朝はチェックアウト時間の10:00前くらいに宿出発。
道の駅でパンなど買いこんで会場へ。11時前には到着。
前日にバイクチェックしなかったこともあり、
もしレギュレーションにあっていなかった場合に直せるよう、にすぐに仮バイクチェックをした。
当然自分でも確認してポジション出ししたが、合格で一安心。
その後は12:00のアップ開始までは時間がたっぷりあったので、リラックスして過ごす。
アップは30分ほどローラーで低強度。
あとは実走で少し高強度という感じ。
疲労がたまっていたが2日間ゆっくり過ごしたので調子は良い感じ。

今回のコースは前半は平坦。
後半からアップダウンとコーナーの組み合わせという感じで、
TTマンとしての総合力が試されるコース。得意かどうかは別としてTTコースとしてはすばらしいコースだ。
ひとつひとつの上りは長くはないが上りがあるだけ軽量級の自分にとっては向いていると思った。


事前に決めていたことだが、走り方としては1・2周目はなるべくサイコンは見ずに
感覚でほんの少し余裕を残しながら、オレンジゾーンで走り、最終周で出し切るという感じ。
ヒルクラと違いTTの場合、足を止めるとことか下りで抑えるポイントもあるため、
サイコンと睨めっこは足にくるし、効率が悪くなってしまう。

実際の走りとしてはちょい突っ込みすぎた感があったが、予定通りにいったか。
2周完了時点で相当苦しく、3周目でこれ以上ペース上げるのは無理と感じたが、
3周目に死にそうになるくらいで耐えるという走りが正解だと思った。
ボトル無しのため、喉の乾きも重なり苦しい意外の感想がでてこなかったな。
最後は出し切ってゴール。
1周目のコーナーは安全に行き過ぎたところもあったが、全体として大きなミスはなし。

38.96km 53:36 Avg286W NP293W 平均心拍172bpm 最大心拍182bpm  平均ケイデンス102

1周目中間 15 9:22.65 0:09:22.65
1周回完了 14 8:29.65 0:17:52.30
2周目中間 13 9:19.90 0:27:12.20
2周回完了 13 8:33.03 0:35:45.23
3周目中間 13 9:21.03 0:45:06.26
FINISH 12 8:26.33 0:53:32.59

周回のタイム
1周目 17:52
2周目 17:53
3周目 17:47

狙ったわけではないが3周ともまとまったタイムで走り方としては悪くない。
普段の練習でこの時間のアタックはしてないがパワーも想定していた数値。
心拍も峠アタックしている心拍なので追い込めてることからも、現状のベストの走りができた。
12位という結果が自分の実力の位置だ。
全日本TTは自分が勝てるとかいうレースではないので、願わくばシングルリザルトを獲りたかったがかなわず。
来年の全日本の出場権は獲得できた模様。

ドーピング検査と表彰もないので、撤収。
22時過ぎに到着。

来年に向けてフィジカル強化の方向性を決めるヒントも見つかったし、機材・ポジションも改善点がある。
それは別の章で書こうと思う。

今回チームからサポートしてもらい、大きなトラブルなく終えられた。
ありがとうございました。

機材メモ
フレーム:ANCHOR RT9
ホイール:フロント PR-50、リヤ AeroCoach AEOX tubeless disc
タイヤ:Vittoria corsa speed 空気圧:8.8bar
コンポ:SHIMANO DURA ACE ディレーラー:ULTEGRA Di2 (プーリー:TRY PEAK11T)
 ギヤ:フロント 39-53 リヤ 28-12
ペダル・パワーメーター:GARMIN VECTOR 3
サイコン:GARMIN EDGE 520J
チェーン:SHIMANO DURA ACE UFO Drip Chain Coating
ハンドル:PRO ミサイルEVO ボトムポジション
サドル:AeroCoach Axis saddle
ヘルメット:KABUTO AERO-R1 バイザー有り
ジャージ:サンボルト PROfitライトワンピース
サングラス:ルディプロジェクト SINTRYX
ボトル・グローブなし
  1. [ edit ]
  2. レース
  3. / trackback:0
  4. / comment:0

第15回 Mt.富士ヒルクライム 2位

天気:曇り。スタート時ドライ、中盤雨、中盤以降ドライ
結果:2位
体重:54.3kg (土曜日朝)

(サイコン類つけてないのでデータなし)

3回目富士ヒル。8位、5位今回は2位という結果。

レースの一週間前からどういうふうに走れば勝つことができるのか考えていたが結局考えはまとまらず。
ただ自分の強みとして10分くらいのペース走だと思うので、
残り10Km切ったあたりで、少人数で抜け出せればいい感じじゃなかろうか?という漠然としたイメージでスタートをきった。(ハルヒルと同じだね!)

なので中盤すぎまでは足を使わないことを意識して集団内で待機。
できるだけ前にいたかったけどズルズルと下がってしまうのはまだ走り方がヘタなのか弱気なのかな。
ただ先頭はギリギリ見える位置で自ら位置を上げるというよりは、上がる流れには乗る感じでセーブを心がけた。
勾配が緩い分、足があるうちは加速しようと思えば加速できてしまうのが富士ヒルの罠。
勝負所で気づいたらダメージがあったというのは今までのレースで経験済み。
途中で何度かペースが上がったりが2回ほどあったように感じた。
特に2回目のペースアップは強烈だった。誰かはわからなかったが森本さんらしい。(先頭見えてないね!)
集団の最後尾にぶら下がった時には数十m先に森本さんと田中さんパックができていて
自集団の先頭では中村さんが追いたい様子で頑張っているが協調を得られない様子。この時点で4合目手前。
ホビーレースだとこうなっちゃうんだよね~。
少し状況把握に時間がかかったが、森本さん、田中さんのコンビとなれば超強力。
集団の状況からするとこれは行かなきゃ終わると判断してブリッジ。
ブリッジの判断が多少遅れた分足はつかったが、ランデブーした段階では足はまだ余裕があるように感じた。(ハルヒルの神社時点ほどではないが)
ランデブーしてまだ余裕があると感じたときには楽しさが爆発した。
田中さんにこれは行けるで!いやむしろ行くで!と宣言し3人でローテ開始。
と思いきや少ししたらまさかの森本さんが遅れ、田中さんと2人でペース走であっという間に下り前の急勾配。
ここで田中さんのペースアップがあったが、くらいつけるペース。
自分もだがスプリントは得意ではないので、
独走に持ち込みたい様子。
自分は平坦でアタックしてみる。
数秒もがいて後方確認したらスリップの範囲につかれてたので失敗。
そうこうしてるうちに最後の上り。スプリントというよりはロングスパート的に普通にちぎられてゴール。

入賞したいというイメージはあったがまさかの2位で嬉しい。
いい意味で意気込んでなかったのが良かったのかもしれない。
終始リラックスして走れたし楽しかった。
シンプルにレースを楽しめた富士ヒルでした。
楽しいが一番。

来週は全日本TT。
富士ヒルが良かったからTTも調子が良いとは限らないができることはやっていきます


機材メモ(ハルヒルからの変更はギヤのみ、今回の天候だとベロトーゼがあってもよかったかも)
フレーム:FELT F FRD
ホイール:SHIMANO WH-9000 C24 TU
タイヤ:Schwalbe One 24C 空気圧:7.8bar
コンポ:SHIMANO DURA ACE
 ギヤ:フロント 36-50 リヤ CS-9000 28-12
ペダル:LOOK KEO BLADE CARBON
パワーメーター:なし
サイコン:なし
チェーン:SHIMANO DURA ACE UFO Drip Chain Coating
ハンドル:Bontrager xxx VR-C
ステム:Zipp Service Course SL
サドル:サンマルコ アスピデ SUPERLEGGERA
シートポスト:WOODMAN CARBO EL
ジャージ:サンボルト PROfitライトワンピース
サングラス:ルディプロジェクト SINTRYX
  1. [ edit ]
  2. レース
  3. / trackback:0
  4. / comment:0

第6回 榛名山ヒルクライムin高崎 2日目HC 優勝

距離:14.6km
天気:晴れ 路面ドライ
風:ほぼなし
結果:優勝 37:22.953(コースレコード)
体重:55.0kg (土曜日朝)

勝負の二日目。
3時半起きで、コンビニで朝ごはん買って食べながら会場へ。
4時半ころ着いてすぐローラーでアップ。
サイコンやらセンサ関係は取り外してあるのでよくわからないが
30分くらいは足を回せた。
どの道スタートまでは時間が空くし、序盤は集団内でこなすことになる。
その中で調子を探っていくしかないのでこれでOK。

6時整列なので早めにスタート場所に向かったつもりだったが、
人混みに巻かれてしまい遅れてしまった。
しかしなんとチームメイトの鬼さんが先頭を変わってくれた。
ありがたい。先頭からスタートするのと後方からスタートする事の差はとてつもないことだ。

7時スタート。
作戦というほどのものではないが、
走り方としてはセオリー通り神社までは足を温存して、
先頭付近で神社からの急勾配に入り、そこからは自分の最速ペースでプッシュ。
ちぎれば勝ち、ついてこられたら負け。これは事前に決めていた。

森に入ったくらいで大野選手が単独で抜け出したが、
見える範囲のうちは集団内で待機。
なるべく前方で急勾配に入るべく加瀬選手を引き連れながら、神社の手前で前に出た。
ひとまず前方で足を温存しつつ神社に入れた。
さすがにサラ足とまではいかないが、足はほぼ無傷の状態に感じた。
予定通り、神社過ぎてここからが勝負ということでプッシュ開始。
少しして勝負するメンバーを確認しようと後方振り返ったが誰もいなかった。
勝っちゃうのか?と多少困惑しつつ早くも残り1.5kmの看板。
もし追いつかれた場合に対応できるように備えつつ耐えてゴール。

ハルヒル2018_180521_0073
ハルヒル2018_180521_0072


優勝でCOPPA DI HARUNAもゲット。
ゴール後にコースレコードということを知って意外だった。
神社まではそんなに早いペースではないと思ったし、
その分神社からは厳しい展開になると思っていた。
でも話を聞く限りでは遅くはなかったらしい。
序盤のペースが遅いと感じるくらい自分の調子が抜群に良かったのだと思った。
トレーニングしてるとたまにこういう調子良い日があるけど、まさにそんな日だったと思う。

5/10の試走は天気に恵まれずゴールまで行けなかったが、この数日後に休みが取れたので単独アタックをした。


向かい風でとてもとても苦しんで40:35くらい。
これに比べて神社まで集団で行けることの楽さよ。
この試走で苦しんだイメージが頭にあったのが良かったのかもしれない。
もしくは前日のTTで良い刺激が入ったのか。
サイコンをつけてなく数値に惑わされなかったのも良かったのかもしれないな。
そういえば元全日本TTチャンプの西園選手がトレーニングは理詰め、レースは感性といっていた。
そういうことかと納得。(どういうことだ?)

地元のレースで勝つことができて良かった。
チームのジュニア達も入賞ですばらしい。

ハルヒル獲ったどっ

Takaya Hoshinoさん(@takaya_hoshino)がシェアした投稿 -



次は富士ヒルです。

機材メモ
フレーム:FELT F FRD
ホイール:SHIMANO WH-9000 C24 TU
タイヤ:Schwalbe One 24C 空気圧:7.8bar
コンポ:SHIMANO DURA ACE
 ギヤ:フロント 34-50 リヤ レーコン30-11
ペダル:LOOK KEO BLADE CARBON
パワーメーター:なし
サイコン:なし
チェーン:SHIMANO DURA ACE UFO Drip Chain Coating
ハンドル:Bontrager xxx VR-C
ステム:Zipp Service Course SL
サドル:サンマルコ アスピデ SUPERLEGGERA
シートポスト:WOODMAN CARBO EL
ジャージ:サンボルト PROfitライトワンピース
サングラス:ルディプロジェクト SINTRYX
  1. [ edit ]
  2. レース
  3. / trackback:0
  4. / comment:0

第6回 榛名山ヒルクライムin高崎 1日目TT 2位

距離:6.8km
天気:晴れ 路面ドライ
風:まぁまぁ (横風?)
結果:2位 08:47.181
体重:55.0kg (土曜日朝)

ハルヒル1stステージのTT。
目標としては1日目のTTと2日目のHCの優勝で完全優勝といきたいところだけど
力のある選手が多数いるので、ちと厳しいか。

時間に余裕を持って会場についたけどなんやかんやで、あんまりアップできず。
ローラーで200kjほど足を回して、実走で高強度をちょっとだけ。

有力選手としては岩島選手と嘉瀬選手。
ただし、加瀬選手はDHバーを忘れたらしい。
10番手くらいでスタート。

20180519ハルヒルTT_180521_0049

20180519ハルヒルTT_180521_0050

20180519ハルヒルTT_180521_0057

8分少々のTTなので、ペース配分なんてないかと思ったがさすがに序盤に上げすぎた。
商店街ゾーンでとたんに苦しくなって上りでかなり苦しい。
折り返しで前の選手と詰まったりしながらもなんとかタイムロスを最小減にするようにはできたと思う。
後半は出し切ろうと奮闘するもパワーはそれほどでもなくゴール。

6.60km 8:49.9 Avg297 W NP303W 心拍エラー

このくらいの時間でこのパワーはちょっと残念。
優勝は岩島選手で7秒差だった。
7秒はとてつもなくデカイ。
スタート直後に上げすぎたのとアップが足りなかったとは思う。
全日本TTの前に失敗しといて良かったと捉えて、同じ失敗を繰り返さないようにしたい。
ただ、タイムだけを見れば歴代のタイムの中でもコースレコードだったので、悪くなかった。
むしろパワーが出てない分伸び代はあると思う。(CdAは低い?)
優勝の岩島選手はAvg340Wほどだったらしい。
この辺の空気抵抗とパワーの関係を確認する手段がなかなかないのがTTは難しい。
現状では練習で決めた区間でメニューをこなす中でデータを取っていくしかないか、、

この時点で完全優勝は逃したが、総合優勝は充分に狙えるので、切り替えて翌日のヒルクライムに臨む。

機材メモ
フレーム:ANCHOR RT9
ホイール:フロント PR-50、リヤ AeroCoach AEOX tubeless disc
タイヤ:フロント Schwalbe Pro One 25C 空気圧:7.5bar リヤVittoria corsa speed 空気圧:9.0bar
コンポ:SHIMANO DURA ACE ディレーラー:ULTEGRA Di2
 ギヤ:フロント 39-53(インナーは使わなかった) リヤ 28-12
ペダル・パワーメーター:GARMIN VECTOR 3
サイコン:GARMIN EDGE 520J
チェーン:SHIMANO DURA ACE UFO Drip Chain Coating
ハンドル:PRO ミサイルEVO ボトムポジション
サドル:AeroCoach Axis saddle
ヘルメット:KABUTO AERO-R1 バイザー有り
ジャージ:サンボルト PROfitライトワンピース
サングラス:ルディプロジェクト SINTRYX
グローブなしX
  1. [ edit ]
  2. レース
  3. / trackback:0
  4. / comment:0

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY>>


プロフィール

ヤング

Author:ヤング
COW GUMMA所属のサイクリストです。
群馬・栃木・埼玉あたりを走ることが多いです。
ヒルクライムと最近はタイムトラベラー。

お問い合わせ

FC2カウンター

カレンダー

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

つぶやき

« 2018 10  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。