趣味の自転車のあれこれ

ヤング自転車競技的小載録


日光白根ヒルクライム 優勝

3回目の参加となる日光白根ヒルクライム。
去年のタイム25:09を更新して、24:57(コースレコード)で優勝することができた。

この大会は3人ずつ15秒毎にスタートする個人TT。
なので、完全に上り独走力の勝負になる。(下りもあるが)

ホームコースで何度も走ってるコースなので、コースは頭に入っているし、
どこをどういう風に走るかのイメージしておく。
このコースは終盤に長い下りがあってそこで多少回復できる。
残りの上りは距離が短いので、下り区間までに出し切るくらいの気持ちで行く気持ちでいく。

実際にはイメージ通りにはなかなか行かないもので…
序盤はなかなかのパワーで踏めてたが、標高があがるにつれて苦しさが一気にきて、かなり苦しい走りに。
おまけに後半パワーメーターのセンサ側の電池が切れてパワーわからん笑
タイマーは生きてたので、タイムを指標にした。

出し切れたかどうかはともかくコレが今の実力だね。
去年のタイムは更新できて胸をなでおろす。
今年のグルメは甘酒、すいとん、天丼(のようなもの)、えごまシフォンケーキ。
IMG_20170423_114417.jpg

全部おいしいが、シフォンケーキは特においしいかった。

下山後、良太さんからハイぶりっ子ちゃんフィギュアいただく。
これは非常にうれしい。大切にするぜ~


メガホンで一言挨拶笑
a.jpg

来年はまた、タイム更新を目指します。
次のレースはしばらく空いて5/28の新潟県選手権弥彦ロード。
新潟勢の戦いにグンマー勢が割って入れるよう、がんばります。
まずはコース確認しないと。
  1. [ edit ]
  2. レース
  3. / trackback:0
  4. / comment:0

チャレンジロード A-E 11位

コース:日本SCS 左回り12週 63.5km
天気:雨・曇り
結果11位

前半の重要レース。理由は全日本選手権の出場権を持っておらず、
このレースが出場権を得られる最後のレースだから。
よって、最低限の目標は30位以内。(エリート部門30位以内で全日本出場資格が与えられる)
ただ去年は10位だったので、うまく走って6位入賞できたら最高。

会場に早く着きすぎたので、1時間くらい寝てから、
イナーメCXオイル塗って30分くらいローラーでアップ。
ジャージは雨で濡れて冷えるのを少しでも和らげるため、長袖のライトワンピではなく
セパレートワンピをチョイス。
一応2RUNを飲んでおく。
機材は先週の白井滋杯と同じ。路面ウェットにより、空気圧少し下げて6.0bar。

順位を上げるにはとにかく前に残るしかない。
序盤は中盤に位置取りして3周くらいをこなす。
雨も気にならなずレースに集中できているし、足の調子は良い。
スタート直後に左足に若干足つり感が出たものの、宇都宮ロードの時ほどではない。
しばらくしたら気にならなくなった。いける感じ。
他の選手のレポートを読むとこの辺で愛三の選手のアタックにより逃げができたらしい。
メンバーは愛三、ブリッツェン、レオモ。
ここで逃げに乗るためにはアタックをチェックできる位置にいなけらばならないが、
中盤でアタックに気づくこともできず。ペースが上がったな~くらいにしか思わなかった。
愛三の選手やブリッツェンの選手は人数が少ないのでほぼ確実に前半でアタックをかけてくるため
とくに警戒してチェックしなければと思っていたのに、、、やらかしてしまった。
この逃げ集団は強力で追いつくことはできませんでした。
s_20170409チャレンジロード_170412_0001
s_20170409チャレンジロード_170412_0016

ペースアップして人数を減らし、時間差を広げられるばかりで追走になってない追走集団6人になって
いざラスト周回。と思ってゴール前でアタックをするが様子がおかしい。
フィニッシュラインを過ぎるとラスト周回を告げる鐘が鳴る。
        ____
       /_ノ  ヽ、_\         ━━┓┃┃
      o゚((●)) ((●))゚o         ┃   ━━━━━━━━
    /::::::⌒(__人__)⌒:::: \       ┃               ┃┃┃
   |    ゝ'゚     ≦ 三 ゚。 ゚                          ┛
   \   。≧       三 ==-
       -ァ,        ≧=- 。
       イレ,、       >三  。゚ ・ ゚
       ≦`Vヾ       ヾ ≧
       。゚ /。・イハ 、、    `ミ 。 ゚ 。 ・
でたーゴール間違える奴~
ということでもう一周。
同じ集団のシマノやブリッツェンの選手は余裕があるように感じた。
少なくとも間違えアタックで足をほとんど使ってしまった自分よりは。
ゴール近くなると牽制が入りペースが緩むが自分は先頭に位置してたので少し泳がされるような形。
ゴールが近いこともありこの集団の頭をとれば6位入賞だ!と思いそのまま突っ込もうとするが、
その勢いを利用されて一気にプロ選手にまくられる。
ここでいったん冷静になり他の選手の動きを見る余裕がほしかった。と後なってみるとおもう。
遅れをとってゴール。

2:05:58 68.79km Avg228.0w NP280.9w 175.5TSS

今できるベストの走りはできたと思う。
ただフィジカルは良かったが集団の走り方だったり、ゴール前の位置取りだったり
といったテクニック面がプロ選手と比べて力量差が大きいことがわかった。
この辺はレース経験を重ねて身に着けたい。
入賞はならなかったが、全日本選手権の出場権は獲得できたので良い日になったと思う。

機材
フレーム:TOYO FRAME HYBRID ROAD
ホイール:SHIMANO WH-9000 C24 TU
 タイヤ:Schwalbe - One 24C 空気圧:6.0bar
コンポ:SHIMANO DURA ACE クランクのみアルテグラ
チェーン:SHIMANO 105
ハンドル:DEDA ZERO100 DEEP
ステム:DIXNA フォークステム
サドル:サンマルコ コンコール CARBON FX
シートポスト:Thomson Masterpiece Setback
ジャージ:サンボルト Profitセパレートワンピース
  1. [ edit ]
  2. レース
  3. / trackback:0
  4. / comment:1

白井滋杯クラスA2位

コース:日本CSC左回り10週 審判棟前スタート、秀峰亭フィニッシュ 53.5km

チャレンジロードの前哨戦的な大会。

スタート2時間前に到着して、1時間くらい会場周辺で実装アップ。
受付して試走で上げ目にアップして準備完了。

スタートして、2週くらいは集団で走る。
同じチームのMichiも前の方で上れているので、調子は良さそう。

毎周回ゴール地点に周回賞(1000円)が設定されていて
飛び出す選手が出る。
リオモベルマーレの選手が掻っ攫ってる様子。
スタートして2週くらいは様子見で、自分も3週目か4週目くらいで、
1000円ほしさに同じくリオモの選手が出たタイミングで飛び出してみるが、
ダッシュ力が全然違って無理。

201742 白井滋杯2


この時点でMichiがいなくなってることぬい気づく。
メカトラで遅れたらしい。調子良さそうだっただけに残念!

それからは集団で待機。
周回賞狙いの選手が毎周回飛び出しては集団に吸収を繰り返す。
(たぶん)8周目の集団から飛び出した数名にイナーメの選手とジョイン。
自分を合わせて、6人。内2人がリオモの選手。
でこれが勝ち逃げとなる。一時集団につめられるも逃げでローテーションがまわり、
最後の一周。

ゴール前でリオモの選手が抜け出し、自分がなんとか追いつく。
直後に番手に就けてたリオモの選手がアタック。
自分にすぐ反応できる足はもう残ってない。
残りの選手で追うが差をつめられず耐えて2位でフィニッシュ。

201742 白井滋杯


最後の勝ち逃げに乗ることができたのは良かった。
ただ、中途半端に飛び出したりということで、無駄足を使う場面があったのが惜しい。
最後の場面ではリオモチームの連携に成すすべはなかったが、調子の良さは確認できた。
来週のチャレンジロードも調子を維持して望みたい。

See you in 日本CSC

機材
フレーム:TOYO FRAME HYBRID ROAD
ホイール:SHIMANO WH-9000 C24 TU
 タイヤ:Schwalbe - One 24C 空気圧:6.2bar
コンポ:SHIMANO DURA ACE クランクのみア
ルテグラ
チェーン:SHIMANO 105
ハンドル:DEDA ZERO100 DEEP
ステム:DIXNA フォークステム
サドル:サンマルコ コンコール CARBON FX
シートポスト:Thomson Masterpiece Setback
  1. [ edit ]
  2. レース
  3. / trackback:0
  4. / comment:0

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY


プロフィール

ヤング

Author:ヤング
COW GUMMA所属のサイクリストです。
群馬・栃木・埼玉あたりを走ることが多いです。
2017年参戦予定大会
新潟県自転車競技選手権ロードレース 競技者オープン
Mt.富士ヒルクライム

お問い合わせ

FC2カウンター

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

つぶやき

« 2017 05  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -