• 2018_12
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>
  • 2019_02

趣味の自転車のあれこれ

ヤング自転車競技的小載録


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. [ edit ]
  2. スポンサー広告

JCRC第5戦 群馬CSC SAクラス9位

コース:群馬CSC 6km×17周 102km
天気:曇り・雨 ドライ→ラスト2周ウェット
結果:9位

体重(土曜朝):58.7kg
朝食:おにぎり3個、バナナ1本、コッペパン、コーヒー


1907.3kJ 2:44:20 101.19km Ave193.5W NP243.1W TSS171.1

月末にある高石杯に向けて群馬CSC走っておきたかったこともあり、
リーダーに誘われて参加してきた。
100km以上走れるレースも少ないので、お得感あり。
目的としてはコースの特徴をつかむことと、現状のコンディションの確認。
スタートが7:45と早いので、5時前に出発途中コンビニで朝食を食べても、
開場の6:30前には到着。すでに開場待ちの列ができていた。
準備と受付して、1周アップをかねて試走してすぐ試走してすぐスタート。
CSCで大会人数も少ないので進行がスムーズで気持ちよい。
スタート時点では雨は降っていなかったが予報では降りそうなので、ベロトーゼ着用。
結果的にラスト30分くらいで降られたので◎。

前半は集団で様子見。
とにかく寒くて、調子は良くわからない。
気づいたら2名の逃げができていて、見える位置だったので、
ブリッジしてみた。
2周くらい逃げたけど、すぐ吸収。
でも逃げて強度があげたおかげで体が温まったので悪くなかった。
その後は逃げが出来ては吸収を繰り返して消耗戦な感じ。
前半動いていた影響や逃げ吸収のためのペースアップに加わってたせいか
後半は着いていくのがやっとという感じ。
後半に足のある数名のペースアップにより遅れ第2集団でゴール。

集団の後ろに下がって休むこともあったが、
全体的には集団前方で展開できたのは良かった。
しかし、周りが早いのか自分が遅いのかわからないが、とにかく上りがきつい。

改善すべきところを修正し、2週間後の高石杯で活かせたときに
このレースがプラスになったと思えると思う。

機材
フレーム:TOYO FRAME HYBRID ROAD
ホイール:SHIMANO WH-9000 C24 TU
 タイヤ:Schwalbe - One 24C 空気圧:6.0bar
コンポ:SHIMANO DURA ACE クランクのみアルテグラ
 ギヤ:フロント 36-52 リヤ 28-11
チェーン:SHIMANO 105
ハンドル:DEDA ZERO100 DEEP
ステム:DIXNA フォークステム
サドル:サンマルコ コンコール CARBON FX
シートポスト:Thomson Masterpiece Setback
サイコン・パワーメーター:PIONEER
ジャージ:サンボルト セパレートワンピース
シューズカバー:ベロトーゼ
  1. [ edit ]
  2. レース
  3. / trackback:0
  4. / comment:0


 管理者にだけ表示を許可する
 


プロフィール

ヤング

Author:ヤング
COW GUMMA所属のサイクリストです。
群馬・栃木・埼玉あたりを走ることが多いです。
ヒルクライムと最近はタイムトラベラー。

お問い合わせ

FC2カウンター

カレンダー

12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

つぶやき

« 2019 01  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。