• 2019_03
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • >>
  • 2019_05

趣味の自転車のあれこれ

ヤング自転車競技的小載録


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. [ edit ]
  2. スポンサー広告

チャレンジロード A-E 8位

コース:日本SCS 左回り12週 69km
天気:晴れ 路面ドライ
結果8位

前半の重要レース。理由は全日本選手権の出場権を持っておらず、
このレースが出場権を得られる最後のレースだから。
よって、最低限の目標は30位以内。(エリート部門30位以内で全日本出場資格が与えられる)
(ここまで去年のブログ記事とおなじ)

レースの準備としては特に変わったことはなし
去年はローラーでアップしたけど、今年はめんどくさくて持ってこなかったので
実走でアップ4・50分で500kjほど
調子はいつも通りで悪くないのでOKという感じ
機材は基本的には去年と同じで変わったのはシートポストとタイヤ空気圧とペダルくらい
空気圧は去年は6.0barだったけど、事前の練習で7.0barで走ったら高出力の登坂でタイヤがよれる感じがあった
ちょっとくらいムギュムギュ感があった方が好みなんだけど、
去年も同じホイール使って下りコーナーで余裕があったこともあり、7.3barとした

レースは4周目くらいにできた10名の逃げに乗って
そのまま距離消化して、
残り3周手前でアタック合戦が始まって
ちぎられて残り1周は単独でゴール
8位で過去最高順位。
展開としてはこんな感じ

重要なのは細かい展開ではなく
逃げ集団ができたらそのまま勝ち逃げになる確率が非常に高いということを知っているかどうかだと思う
自分は今回でこの大会は4回目だけれど、全て逃げは逃げのままゴールまで行った

そのことを頭に入れて多少脚をつかっても前方(が見える)位置をキープして
逃げができるタイミングを待って、その時がきたら迷わずジャンプすることを意識した
結果的にはうまくいって、先頭集団に入れた(去年は先頭ではなく追走集団だった)

スプリントでは勝ち目がないので、
わずかな望みをかけて残り3周になる手前でアタック
先頭集団は自分以外はJPT選手で自分はノーマークの選手なので、
泳がせてもらえたらそのままペースで&もしくは人数を絞れたらと考えたけど
アタックして5秒後に脚がないとわかった
後でデータ見返してみたら、ほとんどトレーニングを積めてない領域だったので納得
その後はキツくて記憶ほぼなし。残り1周では単独になって走了

67.47 km 1:57:00 Avg247W NP282W 160.3TSS

体に正しい負荷をかけて、栄養とって、休んで身体(&脳)を適応させて強くなる
というのはトレーニングの基本だと思うのだけれど、
今回のレース(に向けてのトレーニング)ほどこのことを強く実感できたのは大きな収穫だった
レース前のローラートレーニングで今まで1度しかこなせなかったメニューを余裕を持ってこなせたからだ
入賞できなかったので、順位にあまり意味はないけど、
とりあえずは全日本出場資格ゲットできて一安心
全日本はロードではなくTTに出る予定です
モアベターを心がけてトレーニングを積みたい


機材メモ
フレーム:TOYO FRAME HYBRID ROAD
ホイール:SHIMANO WH-9000 C24 TU
タイヤ:Schwalbe One 24C 空気圧:7.3bar
コンポ:SHIMANO DURA ACE
 ギヤ:フロント 36-52 リヤ 28-11(インナーは使わなかった)
ペダル・パワーメーター:GARMIN VECTOR 3
サイコン:GARMIN EDGE 520J
チェーン:SHIMANO DURA ACE UFO Drip Chain Coating
ハンドル:DEDA ZERO100 DEEP
ステム:DIXNA フォークステム
サドル:サンマルコ コンコール CARBON FX
シートポスト:WOODMAN CARBO EL
ジャージ:サンボルト PROfitライトワンピース
  1. [ edit ]
  2. レース
  3. / trackback:0
  4. / comment:0


 管理者にだけ表示を許可する
 


プロフィール

ヤング

Author:ヤング
COW GUMMA所属のサイクリストです。
群馬・栃木・埼玉あたりを走ることが多いです。
ヒルクライムと最近はタイムトラベラー。

お問い合わせ

FC2カウンター

カレンダー

03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

つぶやき

« 2019 04  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。